学費は自分で稼ごう!

アルバイトで学費を稼ぐ!

学費を稼ぐ学生の必須知識をご紹介

働く前に知っておくべきこと

学校に通いながらその学費を自分で稼ぐというのは、なかなか大変なことです。一生懸命アルバイトに励んでも、勉強がおろそかになってしまったら何のために頑張って稼いでいるのかわからなくなってしまいますよね。かと言って、お金をもらって働くからにはいい加減なこともできません。どちらも手を抜かずに、上手に両立していくための知識を身につけて、効率よく働ける条件の良いアルバイトを探しましょう。また、アルバイトで学費を稼ぐ場合は所得税に関する知識も必要です。

勉強と両立するには

勉強と両立するには

アルバイトと勉強を両立させるためにはどうすればいいでしょうか。アンケートによると学生の一ヶ月の平均収入は4万円といわれています。この収入を稼ぐためには月に50時間程度の時間をアルバイトに割く必要があります。これよりも多く働いている人は、勉強と両立できていない可能性があります。学生の本分はやはり勉強です。友達と学生生活を楽しむ事も大切です。きついシフトのアルバイトを入れて、勉強も上の空、友達と遊ぶ時間もないのでは本末転倒です。今すぐアルバイトを見直してみましょう。詳しくはこちら

効率よく稼げるアルバイトとは

効率よく稼げるアルバイトとは

学費をアルバイトで稼ぐためには、できるだけ効率的に、なおかつ時給が高めのアルバイトをする必要があります。まずおすすめなのが居酒屋のアルバイトです。居酒屋のアルバイトは時給が高めな上に、シフトをたくさん入れやすいという特徴があります。長時間働く事ができるので、かなりの金額を稼げます。塾講師は高額バイトの代表的なものです。短時間高収入が見込めます。そして試験監督員は仕事がかなり楽で時給が高めという学生に理想的なアルバイトです。他のアルバイトとも組み合わせやすいというメリットもあります。詳しくはこちら

勤労学生控除を活用しよう

勤労学生控除を活用しよう

学費を稼ごうという学生はアルバイト代を多く稼ぐ事になりますので、所得税が発生してしまう可能性があります。それを防ぐための制度として「勤労学生控除」があります。アルバイトの収入が130万円以内であれば、給与所得が65万円以下になるので、勤労学生控除が受けられます。勤労学生控除の65万円と基礎控除の38万円を給与所得から引くと0円になりますので、所得税は0円になります。また親の扶養控除から外れないためにはアルバイト収入を103万円以内にする必要があります。詳しくはこちら

アルバイト初心者はコレを見よう

  • 「塾講師」で高時給を貰おう

    「塾講師」で高時給を貰おう

    塾講師のアルバイトは時給が高くても、シフトに入りにくいのであまり稼げないという風評をよく聞きます。しかし長期休暇には夏期講習などがあります。たくさんのコマ数を埋めるためシフトに入りやすく、たっぷり稼ぐ事が可能です。

  • アルバイト以外で収入を得るなら

    アルバイト以外で収入を得るなら

    空いた時間を上手に利用するために学費をアルバイト以外で稼ぐという選択肢もあります。スマホひとつで始められる「クラウドソーシング」や「アプリレビュー」、就活にも生かせる「有給インターンシップ」もおすすめです。

  • 採用後の留意点

    採用後の留意点

    アルバイトに採用されたら浮かれないで労働条件通知書を見せてもらいましょう。時給や勤務時間、勤務地、休日出勤の有無などが求人情報と同じかどうか最後にもう一度確認する事で無用なトラブルを防ぐことが出来るでしょう。

  • 探し方を選ぼう

    探し方を選ぼう

    学費をアルバイトで稼ぐためにも自分の希望通りのアルバイト先をみつける必要があります。今主流になっている探し方はアルバイト求人サイトを利用する事です。最新の求人情報をいつでも受け取れるメリットがあります。

  • ブラックバイトの回避策

    ブラックバイトの回避策

    ブラックバイトを回避するために見分け方を覚えましょう。ブラックバイトの最大の特徴は雇用条件をあいまいにする事です。面接で時給や勤務時間などの質問をしても書面などできちんと説明してくれない企業は避けるようにしましょう。

  • 効率よく稼げるアルバイトとは

    効率よく稼げるアルバイトとは

    アルバイトで学費をまかなうためには時給が高くてなおかつシフトをたくさん組めるアルバイトをする事が大切です。または短時間で高収入を稼げるアルバイトと、フレキシブルに勤務時間を選べるアルバイトを組み合わせるのも効果的な方法です。

記事一覧