学費は自分で稼ごう!

アルバイトで学費を稼ぐ!

学費など高収入を稼ぐ学生のお役立ち情報

とにかく稼ぎたい方はコチラ

大学生のアルバイトでも、居酒屋の深夜アルバイトなど高時給のものを上手に組み合わせてしっかり働けば結構な収入を稼ぐことができます。ただし、年収が一定の金額を超えると所得税などの税金負担がかかってくるので注意が必要です。義務として払わなければならない金額は納めるとしても、必要以上に無駄な税金を払うほどバカバカしいことはありません。高収入を稼ぐ学生は、「勤労学生控除」など税金に関する知識もしっかりと身につけておいてください。

「居酒屋」は深夜割増が熱い

「居酒屋」は深夜割増が熱い

居酒屋のアルバイトは高収入が見込めるので、学費をまかなうアルバイトとしておすすめです。居酒屋のアルバイトは大きく分けて「ホールスタッフ」と「キッチンスタッフ」があります。ホールスタッフはお客さんを席に案内したりオーダーをしたり会計をしたりする仕事です。コミュニケーション能力が重要になります。キッチンスタッフは皿洗いや調理補助が主な仕事です。居酒屋のアルバイトは時給が高く、深夜になると割り増し料金になるので、深夜働く事が苦にならない人はかなり効率的にお金を稼げると思います。詳しくはこちら

勤労学生控除を活用しよう

勤労学生控除を活用しよう

学費を稼ぐ事に夢中でたくさんアルバイト収入を得たけれど所得税が発生してしまい、支払いが大変…という経験をした学生もいるかもしれません。そんな人に知って欲しい学生のための優遇税制があります。それが「勤労学生控除」です。給与所得が65万円以下でその他の収入が10万円以内の学生はこの控除を受ける事ができます。そのためにはアルバイトの収入を年間130万円以下に抑える事が必要です。そうすると所得税を払う必要がなくなります。そして親の扶養控除の枠から外れないためにはアルバイト収入を103万円までにおさめましょう。詳しくはこちら

アルバイト初心者はコレを見よう

  • 「塾講師」で高時給を貰おう

    「塾講師」で高時給を貰おう

    塾講師のアルバイトは時給が高くても、シフトに入りにくいのであまり稼げないという風評をよく聞きます。しかし長期休暇には夏期講習などがあります。たくさんのコマ数を埋めるためシフトに入りやすく、たっぷり稼ぐ事が可能です。

  • アルバイト以外で収入を得るなら

    アルバイト以外で収入を得るなら

    空いた時間を上手に利用するために学費をアルバイト以外で稼ぐという選択肢もあります。スマホひとつで始められる「クラウドソーシング」や「アプリレビュー」、就活にも生かせる「有給インターンシップ」もおすすめです。

  • 採用後の留意点

    採用後の留意点

    アルバイトに採用されたら浮かれないで労働条件通知書を見せてもらいましょう。時給や勤務時間、勤務地、休日出勤の有無などが求人情報と同じかどうか最後にもう一度確認する事で無用なトラブルを防ぐことが出来るでしょう。

  • 探し方を選ぼう

    探し方を選ぼう

    学費をアルバイトで稼ぐためにも自分の希望通りのアルバイト先をみつける必要があります。今主流になっている探し方はアルバイト求人サイトを利用する事です。最新の求人情報をいつでも受け取れるメリットがあります。

  • ブラックバイトの回避策

    ブラックバイトの回避策

    ブラックバイトを回避するために見分け方を覚えましょう。ブラックバイトの最大の特徴は雇用条件をあいまいにする事です。面接で時給や勤務時間などの質問をしても書面などできちんと説明してくれない企業は避けるようにしましょう。

  • 効率よく稼げるアルバイトとは

    効率よく稼げるアルバイトとは

    アルバイトで学費をまかなうためには時給が高くてなおかつシフトをたくさん組めるアルバイトをする事が大切です。または短時間で高収入を稼げるアルバイトと、フレキシブルに勤務時間を選べるアルバイトを組み合わせるのも効果的な方法です。

記事一覧